婚活あるある話! 好きかどうかわからない……と感じたら part 1 

こんにちは!ブライダル・ハッピーフェアリー青山の代表・鈴木まこです。
7月になりました。安定しないお天気ですが、少しずつ、夏に近づいていますね。
まだまだコロナ禍は続きそうですが、感染対策をしっかりしながら、婚活も楽しんでいきましょう!

以前、このブログにこんな記事を書きました。
「好きかどうかわからない時…相手を尊敬できて補える関係は築けてる?」

実は、同じような悩みを会員の方から相談されることがとっても多いので、改めて、「好きかどうかわからない」と感じてしまうとき、どうすれば良いかを考えてみたいと思います。
今回は、お相手からは「好き」と言われるけれど、「自分の気持ちがついていかない」パターンです。

悩むには理由がある!

特に女性に多いのですが、自分に真剣に向かってくる男性を「本当に好きかどうかわからない……」と感じたら、まず認識しておいて欲しいことがあります。
それは、「好きだからこそ悩んでいる」ということ。
どうでもいいお相手だったら、迷うこともなく、すぐに交際終了を決めるはずです。

好きかどうかわからない、というのは、「好き」と感じる部分と、そうでない部分が混在しているということ。
お相手のどんなところが好きで、反対にそうでないのはどこなのか、冷静に考えることで、見えてくることがあります。

「好きになれない部分」はどんなところ?

「好きになれない」部分がわかったら、そこを掘り下げて考えてみることが必要です。
その理由が、あなたとあなたの大切な人(もの)を否定するような態度や発言であれば、論外です。例えば、あなたの仕事を軽くみている、あなたの家族の悪口を言うなどが挙げられます。
こうした場合は、むしろ好きになれなくて当然。すぐに交際を終了した方がよいでしょう。

でも、「体型がちょっと気になる」や「背が低い」などの「見た目」に関することだったり、「年収が想定していた人より低い」といった「条件面」だったりするならば、それは実は、「あなた自身の問題」かもしれません。

結婚で「一番大切なこと」を改めて考えてみる

見た目や条件などが、自分の好みや想定と違っていて、「いい人だけど、本当に好きなのか、このまま結婚していいのかわからない」と感じている場合。
これは、お相手のことで悩んでいるようで、本当は、あなた自身が「自分のこだわり」を越えられるか、という課題を突きつけられているのです。

婚活をしている人は誰しも、思い描く「理想のお相手」がいるでしょう。お相手の方の見た目や条件の一部がその「理想」から外れている場合、迷うのも当然です。でも、自分の理想に「全て当てはまる」人は、残念ながらほとんどいません。
そして、迷っているということは、それ以外の部分は、恐らく理想通り、もしくはそれ以上なのではないでしょうか。

その上で、「自分のこだわり」にとらわれず、お相手の「素敵なところ」にフォーカスして、これからもっと好きになっていけるのか、それともやっぱり「理想と違う部分」が気になってしまうのか、よく考えてみてください。
これはつまり、あなたにとって結婚相手に求める「一番大切なこと」は何なのかを、確認することなのです

その上で、「好きになれない面」をどうしても許容できないのであれば、今回の彼はあなたの運命のお相手ではなかった、ということです。
「見た目」や「条件」と書くと、少しドライに感じるかもしれませんが、優先順位は人それぞれ。
大切なのは、「あなたが結婚に求めるもの」を、あなたの自身がきちんと把握していることです。

客観的な視点があれば、自分を見つめ直すことができる

婚活を始めた当初は、「優先順位」をはっきり認識していたのに、期間が長くなるにつれてだんだんあやふやになり、自分の気持ちもわからなくなってしまう。これは本当によくあること。そんなときこそ、カウンセラーに相談してください。

カウンセラーと話しているうちに、頭と心が整理されて、自然と「自分の中のこたえ」に出合うことができますよ。
「好きかどうかわからない」と感じたら、遠慮なくカウンセラーに連絡してくださいね!

お問い合わせはこちら!
ブライダルハッピーフェアリー

お見合いの出会いから恋愛結婚をしたい方の為の
カウンセリング完全予約制☆
*:・’☆。.:*:・’★゜’・:*.*:・’♡
心こめてサポート
出会いから交際、結婚のご縁を繋ぎます。
婚活は東京・青山の結婚相談所
ブライダル・ハッピーフェアリー青山
表参道駅A3出口から徒歩2分にオフィスがあります。