海外在住男性のご成婚! コロナ禍でも運命のお相手と結ばれることは可能です

こんにちは!ブライダル・ハッピーフェアリー青山の代表・鈴木まこです。

首都圏では緊急事態宣言が延長されましたが、少しずつ新規感染者数も落ち着いてきました。油断は禁物ですが、「春の訪れまでもう少し」という予感がしますね。

そんな今日は、明るい話題をお伝えします!
2021年最初のご成婚となった、海外在住者コースの方のストーリーについてご紹介します。

 

まさか自分が! 結婚相談所へ入会した理由

Mさん(30歳・男性)がハッピーフェアリーの「海外在住者コース」に入会したのは昨年10月下旬。
オンラインでの無料カウンセリング後、入会を決断されました。

アメリカの大学院で博士号を取得し、その後もアメリカにとどまり研究職としてお仕事をされているMさんは、スマートなのはもちろん、それを鼻にかけたり自慢したりする様子が全くなく、とても感じのよい、まさに「好青年」という言葉がピッタリな方でした。

アメリカでも普通に恋愛していたというKさんですが、コロナでリアルの出会いが激減してしまったことをきっかけに、結婚相談所への入会を検討し始めました。

ご本人いわく「まさか自分が結婚相談所で婚活するとは思わなかった」とのこと。
結婚相談所は、「女性と話すのが苦手で、恋愛下手な人が入会するところ」だと思っていたようです。
でも、実際に入会してみた感想は、「素敵な女性ばかりで驚いた」といいます。
「間違った思い込みを捨て、相談所に入会して本当によかった! 」ともおっしゃっていただきました。

 

苦戦した初期のお見合い

高学歴で適齢期。いわゆる「スペックの高い男性」であるMさんには、たくさんのお見合いの申し込みがありました。
それでも、最初のお見合い数回は、相手からの断られることが続きました。

お見合い後、Mさんにお相手とお話しした内容などを確認すると、どうもご自身の話をしている時間が長いように感じました。
アドバイス後から次のお見合いからはすぐに切り替えて、お相手に関心を持ち、たくさん質問してお話をお聞きしたようでした。

こんな風に、アドバイスをすぐに受け入れて行動に移すことができると、成婚までそう時間はかかりません。
うまくいかなかったことを相手のせいにせず、自分から行動できる方は、男女関係なくあっという間にご成婚していきます。

 

行動した後に出会った「運命の人」

運命のお相手に出会ったのは11月中旬。
お見合い後すぐに報告してくださったMさんはとても楽しそうで、「こんなに話が合う人は初めて」とおっしゃっていました。

そこからは、毎週末オンラインデートで2人の時間を重ねていきます。
「彼女は嫌なところ、合わないと感じるところが全くないんです! 楽しくて楽しくて、本当に毎週末幸せです」と話すMさんの声を聞いていると、こちらまで幸せになってくるほど。
すでに幸せオーラがにじみ出ていました。

事の多忙とコロナを乗り越えて……。決意した一時帰国

交際も1ヶ月ほどになり、彼女との仲も順調に深まっているようで、通常ならそろそろ真剣交際→プロポーズと運ぶところですが、コロナ禍で帰国も難しい状況です。
ご成婚まではもうしばらく時間がかかるかな、と思っていた12月中旬、Mさんから連絡がありました。

急遽クリスマスに、日本への帰国を決めたというのです。
これには私も驚きました!
数日前までは、年末は仕事も忙しいため、帰国はしないとおっしゃっていたからです。

迷った末の決断だったようですが、どうしても彼女に会いたくなり、何とか仕事のスケジュールを調整し、コロナ禍という課題もクリアして、帰国を決めたようでした。

「愛は距離を超える」
この事実を、改めて深く認識した出来事でした。

プロポーズは突然に

帰国後の自宅待機期間を経て、年明けに彼女と会うことになっていたMさん。
なんとお相手のお母さんも既に公認でのデートの約束。
本当に、うまく物事が運ぶときいうのは、すべてがスムーズに進んでいくものですね。

Mさんは3泊宿泊し、昼間は彼女とのデートを存分に満喫しました。
リアルで会ってもオンラインと全く変わらず、とても幸せな時間を共有できたといいます。
リアルでの対面を通して、「この人が運命の相手だ!」と確信を持てたようでした。

「プロポーズをするためもう一度彼女のともに向かっている」と移動中の新幹線の中からの連絡をいただき
まさか、こんなにすぐにプロポーズに動くとは!
本当に、Mさんの行動力には驚かされてばかりです。
しかも、急に思い立って決めたため、彼女に会えるかはまだわからない、というからさらに驚きました。

私もドキドキしながら報告を待つこと数時間。
無事彼女に会ってプロポーズし、もちろんよい返事をいただいたと連絡いただきました。
彼女には、「何が何でも幸せにする」と誠意をもって伝えたそうです。

 

愛は苦難を乗り越える


こんなドラマのようなプロポーズを経て、無事ご成婚されたMさん。
コロナ禍での国際婚活は、帰国のタイミングが難しく、成婚まで時間を要すると思われがちですが、Mさんの婚活期間はわずか2ヶ月ちょっと。
コロナ禍や物理的距離などの「困難」は、本物の愛には太刀打ちできないのだと、改めて実感しました。

Mさんの婚活がスムーズに進んだのは、一重にその行動力と、アドバイスをすぐに自分のものにできる「柔軟さ」に尽きます。
何より一番に相手のことを考えることができる優しい方でしたので、自然とご自身にぴったりな素敵な彼女との出会いを引き寄せたのでしょう。

お相手の彼女は、英語を話す環境に身を置きたかったそうです。
いろいろない意味で、Mさんとの結婚が運命だったように感じますね。

今回、このような素晴らしご縁がつながったこと、そして、そこに立ちあえたことが本当にうれしく、私自身もとても幸せな気持ちになりました。

海外在住者コースの会員の方は、厳しい環境の中で努力を惜しまず、チャレンジ精神旺盛な素晴らしい方ばかりです。
もちろんMさんも例外ではなく、人種差別などを経験してもそれに屈することなく、実力を磨いてきたからこその「強さ」と「しなやかさ」があります。
そして、最高のパートナーに出会い、これからますます活躍されることでしょう。

Mさん、どうぞ末長くお幸せに。

Mさんからのメッセージはこちらをご覧ください。

[日本結婚相談所連盟から入会&成婚賞をいただきました]

 

お問い合わせはこちら![/btn] ブライダルハッピーフェアリー

お見合いの出会いから恋愛結婚をしたい方の為の
カウンセリング完全予約制☆
*:・’☆。.:*:・’★゜’・:*.*:・’♡
心こめてサポート
出会いから交際、結婚のご縁を繋ぎます。
婚活は東京・青山の結婚相談所
ブライダル・ハッピーフェアリー青山
表参道駅A3出口から徒歩2分にオフィスがあります。