コロナ禍だからこそ! 婚活で「人生のパートナー」と出会いませんか?

こんにちは!ブライダル・ハッピーフェアリー青山の代表・鈴木まこです。

東京都では3度目の緊急事態宣言。
正直、1年前のゴールデンウィークと、何も変わっていないと言わざるを得ない状況ですね……。

感染対策をすることは大前提ですが、緊急事態宣言下でもオンラインとリアルを組み合わせながら、十分に婚活はできますので、安心してくださいね。

1年以上になり、長引くコロナ禍での生活。
お仕事に影響が出たり、我慢を強いられたりと、辛い日々を過ごされている方もいらっしゃるので、とにかく早く収束してほしいと思っています。
でも、暗いニュースやマイナス面ばかりではなく、コロナ禍で新しい気づきを得て、新しい人生に踏み出された方もいらっしゃいます。

今回は、そんな新しい会員の方のエピソードを紹介しながら、コロナ禍で婚活する意味について考えてみたいと思います。

コロナ禍で気づいた「パートナーがいる人生」の価値

先日入会された、海外駐在コースの会員の男性。
40代の彼は、初回のオンラインカウンセリングの時に、「もう結婚はあきらめていた」とおっしゃっていました。
このまま、一人で人生を歩いていこうと考えていたのです。

でも、コロナ禍になり、駐在している国もロックダウン。
たった一人で部屋にこもる生活に、空しさを感じていたと言います。
その後、ロックダウンが解除された街を歩きながら、ふと「パートナーがいる人生を選択しよう」と思い立ったのだそう。

すぐに行動に移し、インターネットで結婚相談所を検索。
海外に居ながら婚活できる、ハッピーフェアリーの海外駐在コースを見つけてくださいました。

一人より、二人の人生を送りたい!

実は、日本でも海外でも、コロナ禍になってから、「人生のパートナーを探したい」と婚活を始めた方が増えています。

コロナ以前の暮らしでは、パートナーや家族がいなくても、友達と遊んだり、一人旅をしたりして、自由な時間を謳歌できました。
でも、コロナ禍になって目の前の風景が一変。
特に、緊急事態宣言中やロックダウン下では、外出がままならず、どうしても一人で孤独に過ごす時間が長くなってしまいます。

そんな中で、一緒に暮らして毎日の出来事や楽しみを共有できるパートナーの存在は、とても貴重だと多くの人が気づいたのですね。

行動こそが、新しい「幸せ」につながる

冒頭で紹介した海外駐在の会員の方は、初めてのオンラインお見合いで出会った方と、現在交際中です。
毎週末オンラインデートを楽しんで、仲を深めている最中です。

1年前は、自分が婚活するは夢にも思わなかった彼が、幸せになろうと行動し始めたことは、それだけで価値があることです。
変化した状況を受け入れ、そこに対応しようと新しく行動する。
そんな彼の勇気ある姿を見て、彼が運命のパートナーに出会えるよう、私も全力でサポートしていこうと誓ったのでした。

 

「パートナー探し」は、結婚相談所が効率的!

結婚相手となる「パートナー」と出会うには、やはり結婚相談所が最も有効な場所です。
コロナ禍で婚活を始めた方は、「まずは手軽なネット婚活から」という方も多いかもしれませんが、ネット婚活には、本気で結婚する気がない人も少なからず混ざっています。

安全性とスピード感を重視するなら、身元の証明が必要な結婚相談所がベスト。
さらに、ハッピーフェアリーでは、一人ひとりに丁寧に向き合うオーダーメイドの婚活を提案しています。

緊急事態宣言で外出できずに時間があるという方は、オンラインカウンセリングしてみませんか?
初回無料ですので、是非この機会にお申し込みください。
あなたとお話しできることを、楽しみにしています!

※オンラインカウンセリングは完全予約制です。
お申し込みはこちらから。

 

[日本結婚相談所連盟から入会&成婚賞をいただきました]

 

お問い合わせはこちら![/btn] ブライダルハッピーフェアリー

お見合いの出会いから恋愛結婚をしたい方の為の
カウンセリング完全予約制☆
*:・’☆。.:*:・’★゜’・:*.*:・’♡
心こめてサポート
出会いから交際、結婚のご縁を繋ぎます。
婚活は東京・青山の結婚相談所
ブライダル・ハッピーフェアリー青山
表参道駅A3出口から徒歩2分にオフィスがあります。